簡単服作り!縫わないシルバニアドレスの作り方

以前縫わないシルバニアワンピースの作り方を紹介しましたが、ジューンブライドということで、今度は縫わないドレス作りにチャレンジしました。以前から縫うタイプのドレスは作っていましたが、今回は縫わずに作れるので子供達がチャレンジです。

我が家の子供は3人。長女ぴこ、長男ぽこ、次男ぺこです。今回はぴこ(10歳)とぽこ(7歳)に作ってもらいました。

ぴこ作成ブルーのドレス

まずは、ぴこ(10歳女子)が作ったドレス、

寒色系が好きな子なのでブルーのドレスです。

動画

製作中動画撮影したので、まずはこちらを。

簡単な作り方なので動画は子供向けに設定しています。グルーガンを使うのでお子様が作る場合は大人の方と一緒に作りましょう。

材料

・お好きな布

・オーガンジーフリルリボン(DAISOで購入)

・ブレード(フリルリボンと布の間を装飾するもの。レースでもOK、無くてもOK)

・3mm幅リボン

・丸カン2個

↓ブレードはこんな感じ。アウトレットでお安いものがありました。

使う道具

・はさみ

・布用ボンド

・グルーガン

・クリップ(洗濯バサミなども可)

ボンドはこちらを使用しました↓

作り方

※文章だけだと分かりにくいかもしれません。動画を参考にしながら読んでみて下さい。

1.布を直径17cm程の円に切り、真ん中もマスキングテープなどを型に、丸く切り取る。

写真のようにドーナツみたいな形になります。

円全部は使わないのでこの時にお人形の腰に当ててみて、余分な部分は切り落としておきます。

最後に調整するのでこの時点では大体でOK。

今回は円の4分の1くらいを余分な部分として切り取っています。

 

2.カーブのところ全てに切り込みを入れる。

この時先程切り落とした余分な布は形を整えて胸当てに使います。形は上の写真を参考に。胸当てのカーブの部分にも切り込みを入れます。

 

3.切り込みを入れた部分にボンドを塗り内側に織り込む。

胸当て部分も切り込みを入れた部分を折り込みます。

 

4.裾をオーガンジーフリルリボンとブレードで装飾する。

動画ではオーガンジーフリルリボンはボンドで、ブレードはグルーガンで付けていましたが、どちらもグルーガンでつけた方が簡単かもしれません。

お子様が作る場合は火傷に充分注意を。ぴこも「熱っ‼︎」となる場面がありました。

 

5.スカート部分の端を内側に折り込む。

ボンドを塗って折り、乾かします。

装飾をした部分は付きにくいので、

写真のようにクリップで固定すると良いです。

胸当ては、スカート中央に裏からボンドで接着します。

 

6.腰にリボンを付ける。ボンドで付けますが、くっ付きにくいので、

写真のようにクリップでしっかり固定。

このリボンが後ろの留め具も兼ねるので少し長めに余らせておきます。

 

7.留め具としてリボンの一方の端に丸カンを2個通して、折り返してボンドでとめる。

この丸カンがベルトのバックルの役割を果たし、

こんな感じでとまります。

スカートの裾はグルーガンで少しくっつけました。ちょっと着せ方が悪くてスカートの中から白いものが覗いていますが、これは

サテンのスカートです。パニエ代わりに履かせていました。無くてもOKですが、有るとスカートがふんわりしてドレスが綺麗に見えます。

色々なドレスに

完成したドレスはこんな感じです。

子供が作ったドレス、胸当て部分の形が少し失敗し、胸元が危ういドレスになりましたが、ネックレスにボリュームを持たせることでうまく誤魔化しています。

ネックレスは以前紹介したミニチュアネックレスの作り方で紹介した方法を応用して作ったモノ。

ビーズの間にチェーンを通しただけ。簡単なアレンジですが、少しの手間でだいぶ印象が変わります。

ぽこ作成のイエロードレス

こちらは、ぽこ(7歳男児)作成のドレス。ネックレスもぽこが作りました。少し大人がお手伝いしましたが、自力で出来る作業も多く楽しく作れたようです。

シンプルなドレスなのでアクセサリーが必須。ネックレスと髪飾りを工夫すると可愛く仕上がるかと思います。

髪飾りの方も簡単に作れるので、後日紹介予定です。

ご家庭で、オリジナルのドレスに小物を合わせて、自由に組み合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

追記

コロナワクチンの希釈と充填の作業をお手伝いをすることになりました。

コロナ流行以来医療従事者として直に役立ちそうなお仕事内容に身が引き締まる思いです。

ミニチュアで鍛えた手先の動きが役立ちます様に。

しばらくは忙しくなりそうですが、極力ペース落ちないよう頑張りながら楽しくハンドメイド続けていきたいと思います。